スキンケアのやり過ぎで、肌に住んでいる良い菌まで洗い落としてしまわないようにしています。

スキンケアもやり過ぎれば良いというものではなく、バランスを大事にしなければいけないと思っています。やり過ぎるとどうしてもバランスが崩れます。人間の肌には菌が住み着いていますが、菌といっても肌を守ってくれる良い菌もいます。たとえば、肌を守ってくれている良い菌まで洗顔のしすぎで落としてしまうのはやり過ぎです。スキンケアといえば洗顔ですが、いくら洗顔を大事にしているとしても洗いすぎはいけないのです。ばい菌は肌にとってマイナスにしかならないのできれいに洗い落とすことが必要ですが、肌にとって必要な菌は残しておくことも一つのスキンケアになると考えています。やっぱりスキンケアはバランスが大事なんです。化粧水で肌を整えることもやり過ぎてしまえば毛穴をふさぐことになり、それが吹き出物を発生させる原因につながります。大人の肌は吹き出物を出さないことがスキンケアの目的にもなります。吹き出物の跡が肌に残りやすい世代は気をつけた方が良いのです。

Recommended Reading